ページ

2017年11月24日金曜日

野方ホープ



野方ホープ

ホープ軒

ホープ軒本舗


都内にホープという呼び名の付くラーメン店が3系統ある



オイラは高校生くらいの時、地元である吉祥寺でホープ軒本舗の味に出会った。


だから今でもこの系統の味が大好きだ。




ここ何年かヘリテイジのメンテやカスタムでお世話になっている


「リバティ」と言うショップ。





環七沿いにあるここの向かいが実は野方ホープの本店だったりする。







で、久々に行ってみてビックリした。


昔とえらい違う



のがほ 元 ¥750脂多めで




残念ながら、昔よく食べた千駄ヶ谷店と全く変わってしまっていた、、、


注)  明治公園向かいのホープ軒の方の千駄ヶ谷店じゃないよ



あのパンチのあるちょっと罪悪感のある味じゃなくって、何だか上品な味。。



野方ホープは味の進化を選んだだろうね。




2017年11月18日土曜日

ルイガノ TR3 メンテナンス&カスタム 3



ルイガノのメンテとカスタム今回でラストです。


ようやく良さげなグリップを発見、早速注文








OGKのグリップ

ビンテージスタイルグリップ ロング ブラウン


アマゾンで¥590送料込み


コスパ最高〜





























この写真は6年前のギャラクシーで撮ってみた
フラッシュが無いけどその分写りが明るい





ちなみにこのグリップ、よくよく説明文を読むとなんとφ22.2という内径!


自転車のハンドルは普通φ25.4です。


エアコンプレッサーで入れようとしたけど、全く入らなくてこんな手段でブチ込みました



久々登場J-FIELDのバーナー




煮てみたw





素手では掴めないほどアチアチになったグリップを、革手袋はめてつかみ、間髪入れずに

嵌める!

なので、台所で煮て持って来たんでは遅い(多分)


もしくは台所でグリップ交換


でないと冷めてハマらない(多分)


あっ鍋ごと運んでくれば良いのか


煮たらツルンッと入りますwww




、、、バカでスミマセン










ハンドル、ステム、コラム、グリップ、シフターが新品になると

ブレーキレバーのクランプのサビたボルトが気になる


形の近いステンのテーパーボルトをネジの永井で購入



右がサビたボルト



細かい所だけど、乗ると必ず目に入るからどうしても交換しときたい。


後は、リアのサビサビのハブボルトの交換くらいかな〜





ついにほぼ完成


クロス風から、プロムナード風になりました












無意味な前傾姿勢から解放されたアップライトな乗車姿勢がゴキゲンであります






今回かかった費用をまとめてみました



タイヤ  TIOGAシティスリッカー (700Cx38)  ¥2268x2本

コラム  トランズエックス アヘッド変換コラム     ¥1080

シマノ シフトレバー SL-M310インナーケーブル付き  ¥1775

ビーム プロムナードバー 25.4mm                                                ¥2052

ステム ショートステム 38mm            ¥1057

グリップ OGK ビンテージスタイルグリップ ロング ブラウン ¥590

ステンボルト                      ¥140x2本




                      合計金額 ¥11370





ブルックスのサドルが欲しいとこけど、臨時収入でもあったら考えよう



おしまい




2017年11月17日金曜日

ルイガノ TR3 メンテナンス&カスタム 2



タイヤを替え、リヤディレイラーとVブレーキを調整した頂き物のルイガノTR3


ときに、TR3ってトライアンフみたいだな

だってトラサンだよ










余談だが、ギャラクシーというスマホを使っている

これ(その他のも)はそのスマホのカメラで撮った写真

カメラの性能が低すぎる、、、

ノーフラッシュではピントが合わず、フラッシュたくと白くとんでしまう







話を戻す


早速試乗してみると



ハンドルが遠い

グリップシフトが使いづらい

足付きが悪い←これは足の長さの問題





ちなみにフレームサイズは470





ハンドルはプロムナードバーに交換するつもりだったから早速注文し

前カゴと干渉しない位置と高さを割り出してから

コラムとステムを注文

ついでに使いにくいグリップシフトから指先で操作するラピッドシフトも注文


グリップシフトをやめて

ラピッドシフト、って言うのだろうか?




計測し、ちょうど良いサイズの部品を探し、の繰り返しで


案外一気に進まない





それらを装着してみるとこんな感じ








この後グリップが決まらず、しばらくこのままでのることになった


何千円もするグリップなんて付けたくないし

かといってスポーツ車みたいなのは嫌だし


早く気に入ったグリップを探して付けたい。





次回いよいよ完成か


2017年11月16日木曜日

ルイガノ TR3 メンテナンス&カスタム 1



頂き物のルイガノ、まずは現状把握から



Vブレーキの動きが悪い、片方しか動いてない

シフトが1速から7速まできちんと変速しない

タイヤが劣化し、もうなんと言うかほぼプラスティック

サビて汚いボルトやナットがいくつか目に付く









で、今後の計画



元々が白いタイヤを履いているTR3、次も白いタイヤにしたい

ブレーキとシフトの調整

ハンドル交換及びそれに伴うシフターの交換

フェンダー取り外し

MTBに付けてたカゴとキャリアの装着

あとはライトとかその辺の必要なパーツ



こんなとこかな




量販店やアマゾンを駆使して必要な部品を買い集め、ちょこちょこと作業開始





ところが、いきなり問題発生

念願の白いタイヤが無い



Y'sロードの府中で適合タイヤや在庫を調べてもらうも

生産終了とか、在庫無しとかしょっぱい答え

他店の在庫も見てもらうがどこにも無い、と言われ

仕方なく700C-38という標準サイズの黒をチョイス

ネットで探すもめぼしい白タイヤは発見出来ず。。。


しかし、後日Y'sロードの二子玉川でワンサイズ細いが700C-35の白を発見!


あぁ、、こんな近くのショップにあったなんてorz



それより

他店の在庫も調べてもらったのになんであるん?!





まぁ、、言ふても始まらんね、、所詮、、その程度の、、だし











タイヤの進行方向と逆に組んでいることを車体に付けた後発見し

もう一度ホイールから外してはめ直したのはヒミツ





あとはVブレーキとリヤディレイラー調整


ネットでやり方アップしている方々のを参考に何度も何度もやり直してどうにかどっちも

納得いく状態まで持って行けました。


ここでは手順とかアップできませんので、悪しからず。





このようになりました






続きます


2017年11月14日火曜日

ルイガノ TR3




ルイガノのTR3というクロスバイク風のシティサイクルを義弟より譲り受けました。










暫く乗ってなかった個体だからちょっとした整備が必要だけど






で、10年ほど乗った借り物のスペシャライズドのMTBは、元々の持ち主(妹)の息子である


甥っ子に乗せるため実家へ





色々付け足した子供のせ&買い物仕様から







外せる物を外し







中学生男子が乗るような、普通のカゴとサイドスタンドのついた健全な姿へチェンジ








なんか無くなるとさみしいなぁ〜





2017年11月12日日曜日

新潟キャンプツーリング


夏の名残を残す9月の終わりに一人新潟へ行って来た。


高速をバーと走り、日本海に出てキャンプ、なんて事ぐらいしか決めずに出発。


日曜の高速はそこそこ交通量も多かったけど、100キロくらいでずっと巡航。











とりあえず、関越道を石打あたりで降りて柏崎を目指す事に。



で、グーグルマップで見つけた柏崎よりちょっと手前の大潟という所にある


大潟キャンプ場へ









この辺りはここぐらいしかないが


まだ14時くらいだからどうしようか悩む。



本当は


柏崎まで行き


駅前のビジネスホテルに泊まり


夜は駅前の居酒屋に繰り出す


と言うナイスなプランを実行したい。




しかし、一人で遊びに来てさらに散財するのも気が引ける、なんて殊勝な考えがよぎり


ここでキャンプすることに


我ながら小市民で良い父、夫である、と思う。





サイトは林間で、バイク乗り入れ可



バイク一人で¥1300










早速近くの温泉へ行き


日帰り入浴¥495 (キャンプ場で割引券くれての値段)









さっぱりして戻ったら近くのスーパーに買い出し


柏崎の居酒屋に負けないくらいの刺身なんかを買って来ようと


意気込んでヘリテイジを3分ほど走らす。







無い、無い無い、



なーいー


鮮魚刺身系は地元産も、柏崎産も、ましてや新潟産さえ


全く無い


残念なスーパーでした、、、涙




で、買えたのがこれ




ポテサラ、おでん大根、タコ刺し



これは初めて

なかなかの味


直接温められるタイプのモツ煮込み



今回はトランギアのワンバーナー


大根温め中

これもうまいがどこでも売ってる








ここのキャンプ場の残念な点がいくつか



まず、海沿いなのに、海が見えない。。


それと「蚊」が以上に多い、それも尋常じゃないレベル


あわてて近くのコンビニまで再度買いに走った







あと、トイレはさほどキレイじゃない。


隣にアスレチックとかあって楽しそうだけど。



でもバイクは乗り入れられるw




目の前は林しか見えない








少し離れたところに、ファミリーっぽい人達のテントがあったけど


BBQして夜には帰ってしまったのでまたまた一人貸し切り状態



日本酒4合ビン飲みきったので、そのままダウン





翌朝


コーヒーを飲み、スーパーのおにぎりをお茶漬けにして食べ





撤収







なんかヘリテイジだとさっさと帰りたいというか、例えばそのまま旅を続けたくならない


というか、何だか大荷物積んで知らないどこかへって言う気分にならない









なぜだろう




乗れば楽しくないわけじゃぁ無いんだけど。。


楽しく無い理由なんか探せばいくらでもあるこのバイクだからだろうか




それでもオイラはまた行くのだろうか


2017年11月10日金曜日

ナルゲン調味料ポーチ


ナルゲンの調味料を入れるポーチをゲット


キャンプの時の料理が楽しみが増えた








とは言え

最近はパスタばっか

しかも市販のソースかけるだけ、、、







寒い時期のキャンプは


主に湯煎で食べるおでんとか


具材を持って行ってポーションの鍋の素の鍋とか


調味料いらないじゃん





裏側




でもこの見た目がスッキリいい感じなんで良しとしよう




追記


開くと裏のマジクロでこの状態で固定でき便利。






中身は

左から、塩、コショウ、油、醤油、スペースが余ったからアルコール燃料を60mlくらい


あとはパスタソース、お茶漬け、コーヒー、スープ等々




ちなみに、ケースの重さは90gほど




2017年8月22日火曜日

一の瀬高原キャンプ



奥多摩湖を過ぎ、411号をさらに先へ進むと、丹波山村という集落に入る。


さらにその先、ちょっと怖いおいらん淵なんて所を過ぎたカーブの真ん中から分岐して


舗装林道を行く。


しばらく渓流のわきを走ると現れるキャンプ場



一の瀬高原キャンプ場



管理人さん常駐のキャンプ場だけど


水道水は、多摩川の源流だからわき水?なのかな


絶対煮沸が必要なところと


なるべく煮沸して飲んでというところがある


テントサイトは、ただの林というか森というか山の中


ワイルドである



一応ちょっとした道があったりするけど、乗り物はまったく入れず


坂を下って行くサイトはホントに山を下りて行く感じで


ただの自然の中



という人気?のキャンプ場ヘ行って来ました。





まずは



高速を八王子でおりて、偶然見つけたあきるのの加賀屋というそば屋で昼食


民家と併設で、人んち来たみたい


加賀屋










ソバはぼっそぼその田舎そばで美味い!


ちょっと値段高めだけど









そこから今回は青梅に出て、小澤酒造で澤乃井を手に入れ


411号をひた走り、道の駅たばやまでワインなんぞをゲットし







おいらん淵の先から分岐






キャンプ場着


受付し


サイトへ


バイク一人で¥1300ナリ


で、ウロウロしてみる


山の中だ〜










ちょっとだけ見て回りあまり奥に行くのもあれなんで


ここへ決定


バイクが見えてますね〜


全然歩いてません


駐車場の横w






今回も貸切状態かと思ったら


もう一台来た、ジープのお一人様


帰るまで会わなかったけど







だれもいないから駐車場近くでも気にならない






ここは食材とか買える場所は近くにないんで家から持って来ます。


今夜はパスタ


おかずとつまみはミートボール






トランギアとエスビットのツーバーナー











ミートボールパスタと





ミートソースパスタの豪華二本立てw






ビールを飲んだ後は


澤の井と







道の駅でゲットしたワイン


これは何気に美味!








このエリアの地面はフラットなので張り易い



今回からソロ用に導入したエアライズ1


インナーはカヤライズ


外張りはDXフライ



ちょっと奮発しちゃった〜







途中こんな雲来たけど〜


なんとか降られずすんだ


来る時も、さっきまで土砂降りってトコがあってラッキー








日が暮れると当然外灯も無いから真っ暗


動物達の時間ですので人間は寝ますZZZ~






翌朝はいい天気

さっそくちょっと入った林間できじうちw



朝飯もパスタって考えてたけど


あまり空腹じゃないんで


コーヒーだけのんで出発













帰りは


丹波山村から小菅村へ向かい、県道18号線へ出て上野原へ


さらに、山道を走りつなぎ藤野で甲州街道へ


で、大垂水峠を超え高尾ICから圏央道に乗って帰宅


高速代は往復で¥1200


燃料代は¥830ほど


ちなみにセローの燃費はリッター36キロ。


財布に優しい〜