ページ

2011年5月29日日曜日

HAND CHANGE LIFE

バイク、ハーレーダヴィットソンのシフト操作の話です。



元々ハンドチェンジを採用していたハーレーは、ガソリンタンク横に

シフトレバーが付いてました。それをトランスミッションにダイレクトに

レバーを付けて操作できるように変更する、通称ジョッキーシフト。


まだフットシフトが選択できる前の時代、ハーレーをチョップする時の定番

カスタムです。


そんな時代に逆行するハンドチェンジライフをかれこれ8年程おくっています。



多少の不便さを差し引いても、操作してる強烈な充実感と満足感を十分に味わえる

乗り物に変わります。

趣味性の高い乗り物は、その扱いが難解だったり、複雑な程、飽きずに長く

遊べる気がします。


自分が飽きっぽいだけなんでしょうか。


ついでにシフトノブのおしゃれも楽しめたりします。



完全に自己満足です。



パーキングエリアでなどでキックでエンジンをかけると、空気を引き裂くような

排気音とともに、エンジンとミッションを繋ぐ太いむき出しのベルトが凶暴に

グルグル回り始めます。

左足でクラッチを踏み込むと乾式クラッチ特有の乾いたシャリシャリ音

が響き渡り、回りから好奇の視線を集めます。

おもむろに左サイドに出ているドクロのシフトレバーに手をかけ、

ガチャンという大きな音と共に1速へ入れ、左足でクラッチをミートさせると、

ギャラリーが驚きの表情を浮かべたりしますが、あくまでもクールに走りだします。



きっと見てた人はこんな風に思ってることでしょう。



うるせーな、さっさといけ

ケツの下の棒うごかして何やってんだ

ガシャガシャ音するけどこわれてんだぜ、あのバイク



そんな罵声に気づかず今日も時代遅れのバイクで走り去ります。

2011年5月27日金曜日

公園

とある休みの日に娘っこと公園に行きました。



娘っこはチャリ、自分は歩きです。

我が家の近くには小さな公園がいくつかあり、それぞれ特徴があったりします。



その中の一つでタイヤ公園というのをを目指します。



公園につくと



奥様達の自転車にまぎれて堂々と駐輪します。

いっちょまえにワイヤーロックなんぞをしてます。カギは抜きませんが、、、


タイヤ公園の由来であろうタイヤです。



軽快に飛び移ってますが、

この後落ちました、、



花とか摘んで女の子らしいです。




花をみつける度に摘んでます。




女の子らしく育って欲しいと心の底から願ってますが、、、

困った事に1回教えただけで、我が家の車はダッチ、友人宅の車は

ワーゲンのバスとフツーに理解し街中で同型車を見つけるとすぐさま反応し、

実家の車も見分けます。


たまに乗るスクーターも、『べしゅぱ』(ヴェスパ)と言えます。


数台あるミニカーも異常に車名を知りたがり、うっかりシボレーとかスバル

とか教えてしまった日には、あっさり覚えてしまい、とても危険です。


そういう事を覚える能力は親に似て発達してるようです。



実車の運転席に座りハンドルやスイッチをいじるのも大好きですが、

助手席に乗せ車庫入れしたり、雨が降って来たのでワイパーを動かしたり

ナビを操作したりすると、メッチャ喜びます。

なかでも、ハンドルを切りながらのギアチェンジが、特にお気に入りです。


なるべく乗り物から離れた遊びをするよう心がけてます、、、





ひとしきり遊んだので、再び自転車で帰りました。


2011年5月26日木曜日

劇用車

劇用車のドライバーのお仕事へ行ってまいりました。


撮影で使用する車やバイクを、撮影現場まで運んだり、セッティング

するお仕事です。


今回は、イスズのエルフ、そう2トントラックです、、


朝イチから車をピックして北関東の現場へと向かいます。

運転席に座り、一通り操作関係をチェック。この車はAT車です。トラック

のAT車は珍しくはないですが、何かちょっと違います。よく見ると

ん? Pレンジがありません。??



Nレンジでとまってます。?

とりあえず、Dレンジにして発進します。

普通に走りだし、軽快にシフトアップしていきます。ふとインパネを

みると、D6と表示してます。ウォー6速オートマか! と一人で驚きながら

首都高へと進みます。

シフトアップのフィーリングも自然で、マニュアルモードにしてシフト操作

すればエンブレも自由自在にきかせられます。さすが6速オートマ。



順調に高速を走り、目的のインターから一般道を走ります。


一般道なので信号で止められます。すると、この6速オートマ、減速してくと

勝手にシフトダウンもしてくれます。赤信号で止まる度にD2までしっかり

ギアチェンジを繰り返し、さらに驚くべきことに、4→3→2とシフトダウン

する度、回転数を合わせる為にアクセルの空ぶかしまでしてます!!


なんてヤンチャなATなのでしょうか。


ドライバーの意思に関係なく、バンバン吹かしてくれます、、、


Pレンジが無い所、DレンジとM(マニュアル)レンジがある所等を考えると、

いまどきのツーペダルマニュアルとかセミオートマといった物なんでしょうか。


いわゆるトルコン式のATとは根本的に違う気がします。


6速ATなのでは無く、6速MTからクラッチペダルを取っ払った物、という

感じがします。よく出来てます。


スティック(マニュアル)を普通に乗れる人にはあまり必要ないですが、

AT限定免許の人でも乗れるってとこがポイントですね。


そんなこんなで、陽もどっぷりと落ちた頃ようやく都内に戻り、帰宅

しました。

2011年5月23日月曜日

2011 A-DAY 

日曜日はフジテンリゾートで開催されたハーレー系スワップミート

「A-DAY」に行ってきました。


朝一番に着くとパーツ目当ての車の入場渋滞にカチ合うので、時間

をずらして着くように、土曜の夜出発して、フジテン近くの

道の駅なるさわで車中泊して、のんびり起きました。



目を覚ますととなりには

GMCユーコンデナリとビンテージエアストリーム。




富士山は少し雲がかかってます。

朝から富士山を眺めることができたので、その日1日とても充実感でいっぱい

でした。富士山にはそういう効果があるんですかね〜。


さすがパワースポットです。山の上行ったらもっとすごいんでしょうか。


その後、敷地内にある富士山の水を汲み上げた「不尽の名水」を、持参した

ポリタンやペットボトルにゲットして出発します。


会場では、友人のシュガー琉工屋が今回も出店したので、合流します。

久々に子供4人顔を合わせましたが、人んちの子の成長の速さに

毎度ビックリします。


スワップミート、というだけあってお宝からジャンクまでありとあらゆる

パーツ類が並べられています。毎年なにがしかのパーツをゲットして

きましたが、今年はねらってるパーツが無いのでうろうろしないように

しました。へたにうろつくと、ハーレーのビンテージパーツ達から発せられる

強烈なオーラについふらふらと引き寄せられてしまい、サイフのヒモが

弛み、危険だからです。


そんなわけで駐車場をうろついていると、


サバーバンでしょうか、運転席側はドア1枚



助手席側はドア2枚




日常的にこれでキャンプにいってるんでしょうか、カワイイですね〜。



トラベルトレーラーは道路事情や免許等の理由で日本ではあまり普及

してませんが、車1台でこなせてとっても合理的ですよね。

けどコンビニやファミレスは無理なとこ結構ありそうです。



その他にも個人的にささる車がたくさん来てました。出店shopもカッコイイ

ピッアップで搬入してるとこもあったりして、純粋なバイクイベント

でカッコイイ車がたくさん見れるのもA-DAYの楽しいとこです。

2011年5月19日木曜日

キャンプ道具

キャンプが好きです。


正確に言うとキャンプ道具が好きだったりします。



特に、軽さや機能が特化してるアイテムや、長い期間モデルチェンジせずに

作ってたりするベーシックなアイテムが大好きです。

あと、過酷な条件での使用にたえられるアイテム、なんてのにも弱いです。



ベーシックで修理さえすればいつまででも使えるタフな道具、ライトニング

風に言うとそんなアイテムでしょうか。



キャンプ箱の中を見ると、とても機能的な物と、所有欲は満たすけれど、

使い勝手の悪い物とがごちゃまぜにラインナップされてます。



いざキャンプヘ行くためにセレクトしようとすると、チタンやLED等の

軽さや明るさに特化したハイテクグッズと重くて手間のかかる

ガソリンバーナーやろうそくランタン等をどうチョイスするかが、

毎度悩ましい問題になります。



基本バイクに積載するのでチタンとかそこまでの軽さ必要ないんですが、、、、



キャンプ道具特有の、あのコンパクトなのに存在感バリバリなオーラに

やられっぱなしです。



もし釣り竿やゴルフクラブ等に心奪われてたら、今頃は釣りやゴルフに

のめり込んでいたのでしょうか、、、

2011年5月18日水曜日

団地

先日自転車で ブラブラしてたら、近所の団地がほとんど取り壊されていた。

昭和レトロでいい雰囲気の場所だっただけにちょっと残念。

通りに面してないから初めて発見した時は驚いた場所。










まだ住んでるひとはいるのだろうか。

2011年5月17日火曜日

死刑宣告

時間が有る時と、娘っこがどうしてもママと入ると言う時以外は、

基本的に子供と一緒にフロにはいります。



乳幼児は気分屋なので、一緒に入りたくない、とたまにほざきますが、

大した意味は有りません。



大きくなって父親を拒否る恐怖を考えたら扱いは楽勝です。



今の所娘の行動はカワイイこと、見てて楽しいこと、ほのぼのする事、

がほとんどを占めてます。



出来ない事の方が多いので、何かにつけ世話が必要なのですが、

年齢とともに、父親の手出しできる範囲はどんどん狭くなっていくので

しょうか。



寂しいもんです。



娘と入浴できる年月には限りがあります。その何時か来るであろうXデー

までいかに悔いの無い娘との入浴LIFEを送るか、が父親としての

ちょっとしたテーマではないでしょうか。




ある日、



「今日から一人で入るよ」



という死刑宣告を下される日が来るまで。

2011年5月14日土曜日

フリマ

今月も明治公園で開催されたフリーマーケットへ行ってきました。

朝イチに家を出て、途中でスタイリストのIさんと荷物をPICして、

向かいます。

Iさん今日もがっつりと出品予定。




8時過ぎに着くと既に大勢の人。




我々も準備します。




ハンパない人の数です。




会場をうろうろしていると、おっショートですね。




GS750でしょうか、珍しいカウルが装着されてます。





そして、ナックルのボバー  カッコイイ!

よけいなカスタムをしてない本来のボバーの有るべき姿です。

タンクシフトにプライマリーカバー、ストックスタイルのハンドルと

ペダル類。ウインカー無しの潔さ。当時の戦争帰りの米兵がいまにも

跨がったままキックして走り出しそうです。





話がそれました、、、


歩くのも大変です。




手持ち出店の方も多く、気軽に参加できます。




我が家は相変わらず子供服メインです。





同じ明治公園フリマでも、主催がいくつかあり、今回初めての主催での

参加でしたが、とても客層が良いというか、本来のフリマの楽しさを

味わえたナイスな1日でした。


以前、100円の物を値切るひと、2コで100円の物を3コでくれというひと、

200円の小物の前で場所を占領して延々考えて買わないひと、等、人でなし

ヤロー(ババアだ)どもにノックアウト寸前だったので、今日この会場に

いた方々がとても素敵に見えました。



大勢の人と強い日差しに疲れたのか娘っこも落ちました。




が、人形が一人増えてます。いつのまに、、、


我が家の前にもお客さんが来ます。

基本安いものばかりで大した売り上げにはなりません、、、




今日のゲット。

バンズとムーンアイズのコラボスニーカー



イス2脚

なんとこのイス、お隣さんからタダで頂ました!




太っ腹なお隣さんです。アザース!

ハイブランドな服を大量に持って来てました。



15時になっても、人はまだまだいましたが、終了時間なので撤収します。

再び荷物を積み込み出発。




帰り途中、59’キャデラックですね〜

回りの車のほとんどが軽自動車に見えます。




家に着いて早速イスをおいてみます。


ワオーいいじゃないw



イス持ってなかったのでホントうれしいです。