ページ

2013年2月26日火曜日

アーリーショベル復活

10月の時点で11月には走り出すなんて言っておきながらさらに数ヶ月経ってしまいました

が、ようやく修理も終わり納車です。


時間かかった理由は注文したサイクルエレクトリックのジェネレーターが手持ちのレギュ

レーターと合わなく再度注文したり、ほっといてたり、ほっとかれてたりとまあそんなと

こ。


FXのフットコントロールまわりを使ったミッドコントロール化は加工が多すぎて断念。

◯マーサイクル製のオープンミッド用のシフターまわりもアーリーにはボルトオンできま

せんでした、、だめじゃん(ちっ)、、


そんなこんなで約八ヶ月ぶりのショベルライド。


身体に馴染んでて、キックで始動し跨がって走り出すって一連の動作がやっぱりしっくり

きます。

エボリューションソフテイルに比べ一回り以上コンパクトなとこもほっとします。


さてこれからちょこちょことヨメが安心してのれるように手を入れていきます。










2013年2月23日土曜日

コーヒーミル

うまいコーヒーが飲みたい。

最近そう思う時があります。


美味いコーヒーって何だろう?

香り?  味?  スタバ?  煎れ方?  豆? 

よくわからないけど


素人考えでも豆から挽いていれたコーヒーの方が美味い気がする。

豆の保存状態にもよるかな


飲むぶんだけ毎回豆を挽いていれたら楽しそう。

ん、美味しいから楽しいになってる、、、


そう考えるとおのずと必要な物が見えてきますね。最近はこれでたまにカリカリと何杯か

分ずつ挽いています。


ポーレックスのコーヒーミル。

全長18センチくらい




コーヒー豆満タンで約30グラム入ります、だいたい3〜4杯分。

上に付いてるハンドルをクルクル回して挽きますが、けっこう時間かかる。

が、あえて手動式にこだわります。


挽いた粉をちょっとケチると薄いコーヒーの出来上がり。

フィールドにも持って出られそうな大きさ。

楽しみです。




2013年2月22日金曜日

塩尻

先日とあるCMのロケで長野県の塩尻へ行ってきました。

早朝より撮影開始のため、スタッフは前日の夕方にロケバスや自走で都内を出発しビジネ

スホテル泊。

メイク車も前日から呼んで頂き、一人陽の落ちた中央道を走ってホテルにチェックイン。



翌日の本番。時おり吹雪きのように舞う雪の中スタンバイします。

ヤッパこっちは寒い。

現場近くに借りた駐車場


スタッフ用のマイクロバス、機材用のビックバン、メイクバス、偶然?4台共全て白いボ

ディのコースターでした。




2013年2月16日土曜日

2013年2月15日金曜日

ラムバンバッテリーあがり

ある朝仕事へ行こうとラムバンのドアを開けた。

一瞬「?」

昨晩荷物を積んだ時は点いた室内灯が点かない。


運転席手元で操作できる室内灯は長時間ドアを開けたままにする時等たまに消しているけ

ど昨日の夜は点いていた。


おかしいな


運転席に座り、全神経を集中してイグニッションオン、、、

カチッともいわない、、、

はい、バッテリー死んでます、、、


なんの兆候もなく突然死です(涙)

数日前に乗った時はなんの予兆も無かったし、数日前にバッテリーのインジケーターを

チェックした時もマークは良好。


室内灯が点けっぱなしだった?それともイグニッションキーがオンのままだった?

考えにくい、、


原因の分からないトラブルはなんだか気持ち悪いですね〜


翌日テスターで電圧を測ったけど計測不能なくらい電圧は低かった。

まあ5年くらい使っているらしいバッテリーだから寿命かもしれないけど。


大手カー用品店に問い合わせるとラムバンサイズより少し大きい105D31Rで¥30000ちょ

い。高!

環八沿いの有名アメ車店で95D31Rが¥23000程で在庫があったので早速ベスパで取に行って

装着。



なんだかその後もコワくて乗ったあとは必ずテスターで電圧測ってます(笑)




2013年2月8日金曜日

コンビーフサンド

一番好きなサンドイッチです。もうねあったら絶対に買うと決めてます。

でもねなかなか売ってないんですよ、コンビーフサンドって。

コンビニ系は絶望的。パン屋さん系だと五分五分。


地下鉄や駅の中にあるサンドイッチショップだとかなりの確立であるけれど、電車にた

まにしか乗らないから滅多に買えない、、、


神田にあるこのサンドイッチショップは車でも寄り易く重宝しています。



それにしても

サンドイッチ専門店のサンドイッチって抜群に美味い。

ショーケースに並んでいる時からバシバシ美味いオーラを出して誘惑してきますね。


ちなみにいつもサンドイッチ何個食べたらお腹が満たされるのか悩みます。


2013年2月1日金曜日

頭に来た事

久しぶりに頭にきた事があった。


数日前仕事で使っているメイク車の中を見たい、という電話が事務所にかかって来た。

電話を受けたマネージャー(妻ね)は、仕事が入って無い日に来てもらえるならOKと返事。

とりあえず先方の連絡先や、撮影内容や使用内容を訪ねるとまだ具体的には決まっていな

いが、この先何らかの撮影を予定していて、そのためにクライアントを連れて見学したい

と。


電話をしてきたのはD社という映像制作会社の女性。


クライアントの決済を取るのにわざわざクライアントも一緒に出向いて来るなんて凄い

な、なんて思いながら約束した日を迎えた。


時間前から内覧の準備をしていると電話をくれたD社の女性が到着。

企画内容等を訪ねると、とある大手電気メーカーの新商品の開発だという。

一瞬「?」という疑問が頭をよぎる。

それに付随する撮影なのだろうか?


そうこうしているうちに大手広告代理店のプロデューサー氏が到着。世間話等をしている

と大手電気メーカーの開発担当者数名が到着。

挨拶を済ませ、早速車内で何やら作業開始。


クライアントはこの大手電器メーカーの開発担当者達みたいで光量を測ったりしている。

マル秘の新商品なので、聞いたけどここではどんな商品か言いませんが新商品に関係する

内容でメイク車のメイクルームの明るさ等について調べたいらしい。


それはいい。どんな事に使ってもらっても内容を把握してOKしたのなら問題ない。


しかしD社の女性は始めからの電話でそんな事は一言も言っていない。


少なくとも「電器メーカーの新製品の開発の為」にメイク車の車内を見学&リサーチしたい、

というような事は一言も聞いてない。


細かいことではない。


もし事前にその旨を聞いていれば、イヤなら断ればいい。メリットが無いそう判断すれば

何も内覧を受けなくてもよい。初めに電話を貰った時点で判断できる。


だいたいフェアではない。映像制作会社の人間が大手広告代理店を連れてクライアントと

一緒に来ると言う。

これがどういう事か広告業界に身を置くものならすぐ分かる。


そして聞いていた事とは違う事をする。



なんの縁もゆかりもないメーカーの新製品の開発にただで手を貸す必要はないし、義理も

無いので30分位経った時点でおもむろに車内に乗り込み、その旨を電器メーカーの方達に

伝えた。

あなた達のせいではないが、申し訳ないがもう終わりにして欲しいと。

広告代理店のプロデューサー氏にも中止してもらった旨を伝えた。


気まずい雰囲気の中お開きになったが仕方がない。

納得いかない事だったから。


撮影で使ってもらえるかもしれないと思うから、わざわざクライアントさんまで連れてき

てもらうから、掃除の終わった車内に本番と同じ様に土足で入ってもらいコーヒーをいれ

準備した。

このD社の女性は自分の立場を利用して、さも撮影を予定しているようなニュアンスをほの

めかして電話をかけてきている。そうすれば断られないだろう、と。

卑劣な手口だとおもう。


ちなみに電話してきたこの映像制作会社D社の女性は途中で帰ってしまっていた。


本来この手の依頼ならば有料。

なぜならうちには何のメリットもないから。ましてや一度も取引をした事の無い映像制作

会社だ。そのかわり、料金を頂く以上お客の都合の良い場所まで車両を

持って行くし、撮影使用じゃなくても構わない。


内見やロケハンというのは本番の撮影にむけて準備をすることである。採用になるか不採

用になるかは分からないとしても向かう先は本番の撮影で採用されること。その本番が無

い案件であり、見ず知らずの業者に対し失礼な依頼をしているというということがこの映

像制作会社D社の女性はまるで分かっていない。