ページ

2013年11月30日土曜日

Camp Touring


キャンプツーリングに行くようになって18、9年経つ。

初めてキャンプツーリングへ行ったのは、大学を卒業し、就職して1年目だか2年目の夏

だったと記憶している。


突然思い立ち、一人で初めてキャンプツーリングへ行く事にした。




友人に借りていたオフロードバイクに、別の友人に借りたテント、家にあったオヤジの

コッフェル、バーナー等を積んで出発。



特に予定等を立てずに出発した3泊4日の東北一人旅は、色んな事が初めてだらけの割にそ

つなくこなしてしまい、特に失敗も無く無事に帰宅。


バイクライディングには相当自信が有ったから、東北の3ケタ国道を友人のXLR250BAJAで

思う存分走りまわり充実した四日間だった。


これで味をしめたような気がする。



その後、バイクを国産の速い系からハーレーに乗り換え、それと同じ時期に、自分のキャ

ンプ道具を一通り買い揃えた。

その時期はいろんな友人達と車でもあちこちキャンプしに行った。

世の中的にキャンプやアウトドア遊びが流行っていた90年代中頃の話。


その後どっぷりとハーレーの世界にハマって行く。

妻もハーレー乗りだから、子供が生まれる前は2人で北海道から九州まで走った。

特に九州は2人とも大好きで何度も一週間クラスのキャンプツーリングをした。



最近はキャンプっていうとハーレーのミーティングからみや、仲間が主催するキャンプへ

一泊くらいで行く事くらい。


それはそれで楽しい。



でも、やっぱり一番充実感があるのは、いきあたりばったりの旅だと思う。


その日走るルートも、泊まるとこも、その都度決めながら進んで行く充実感は

なにものにもかえられない。まぁ、ある程度は決めてるけどね。



海岸の砂浜に張ったテントから見る果てしなく広がる海

日没間際、キャンプ場まで夕日を背にアクセルを開けて急いだ山道

知らない街の景色に抱いた懐かしさ

フェリーを下りてどしゃ降りの中辿り着いた山の中のキャンプ場のモヤに包まれた木々

そんな景色との出会いは孤独に旅する手段でないと味わえない気がする。


これからも行ける限り、旅立ちたい。




2013年11月22日金曜日

2013 ボビーズキャンプ


朝から翌朝までの撮影が終わったその足で一旦自宅に戻り、荷物を積み、妻子を乗せて昼

過ぎに本栖湖へ出発。


行って来ました今年も

「ボビーズ キャンプ」

もうそんな時期なんですね〜。


そして久留里のホウリーウッズからの本栖湖なので、何だかキャンプ場からキャンプ場へ

と移動しているみたいwww

いや、実際そうか。


寝てなくて、、、


今年もシュガー家と参加です。




到着が遅くて間に合わなかったけど、今回は主催のケータリング会社bobby's RV Worldの二

代目の竜太郎氏の結婚式も同時開催。


オメデトウ


日が暮れて、一通り飲んで食べた後は


焚き火の周りへ。今年は冷え込みがゆるくて助かる


そして恒例のピザ焼き。今年は大人もチャレンジ。



オリジナル特性ピザ釜

ヤバいくらい美味かった!


その後は自分らのサイトに戻りゆったり。皆そんなかんじで過ごしています。




翌朝、とりあえず朝ご飯を食べに。


やっぱりハンバーガー。実はダブルバーガーです。




そして強風で壊れたシュガー家のイージーアップテントを撤収して帰路につきました。




今回はトロピカルで行ったからテント泊ではなくモーターホーム内に宿泊。

ベッドルームの無いモーターホームだけど、、家族3人床で快適に寝ましたよ。


寝袋にインフレータブルマットというテント泊と変わらないスタイルで、、、




2013年11月20日水曜日

ホウリーウッズ久留里キャンプ村


トロピカルで千葉県君津にあるキャンプ場

「ホウリーウッズ久留里キャンプ村」



残念ながら キャンプしに行った訳では 無く


仕事。。。



とある女の子8人組のMVの撮影で、朝から翌朝までというハードスケジュールでのロケで

す、、、



 木々に囲まれた静かなサイト

こんなシュチュエーションだけど仕事〜






ポニーがいたり




入り口付近にはツリーハウス!





朝ご飯から昼のケータリング、夜のケータリング、夜中の夜食まで食べるという長時間の

滞在で、帰りは首都高の朝の渋滞に遭う 時間、、、

それでも、雰囲気の良いキャンプ場で、良いスタッフに恵まれたのが救い


ここは是非プライベートでも行きたいな〜。






2013年11月18日月曜日

復活 ヤマハ セロー


キャブOHや新品のタイヤで復活した我が家のセロー



調子いいとはいえ一応様子を伺いながらのスタート。

街乗りから高速道路まで一通り走ってみた。


とりあえず不安要素は見当たらない。


試しに入れたヤマハ純正オイルのリッター¥1200くらいのやつだと何だか回転の上昇が遅い

からコストコで買ったシェブロン10W-40に入れ替。


安いのにこっちの方が全然いい。


ハンドルの所に付いてるバックの中はETC車載機。ショベルで使ってたやつ。



当時セローにも配線しておいたのでピンジャックで繋ぐだけでOK。

一体式のETC車載機をハンドル周辺にドーンと付ける恥ずかしいセンスは自分には無いか

らバックに入れ隠します。

まあサドルレザーで作ったバックだからセローだったら違うバックにしようかな。


先日、都内近郊を120キロ程、一般道から首都高や外環を使って走行。

で、使った燃料が約2.8リッター

燃費はリッター約41キロ。

これは割と優しく走っての数値。トップスピードも出してせいぜい80~90キロくらい。


高速道路を走って楽しめるバイクではないので、燃費がいいのがせめてもの救いか。


林道とまで言わなくても、日本の原風景のような里山や、田舎道をトコトコ走りつなぐよ

うな道を、景色を楽しみながら走るツーリングに出るのが目下の夢です。






2013年11月11日月曜日

セロー修理


注文していたセローのキャブレター関連のパーツ



案外早く到着。

金額を心配していた燃料コックアッセンブリーも二千円台で済み一安心。


早速作業




エアクリーナー、インシュレーター、チョークケーブル、ガソリンタンク等を取り外し、

キャブを外してバラし


パイロットジェットとフロートバルブを交換

右が新品。フロートは再利用

パイロットジェットの形が違う、、多分改良品か。上が新品


ヒビだらけのインシュレーターも交換

上が新品

数年にわたり漏れ続けていた燃料コックも交換

 い、色が、、、もちろん下が新品

噂 (?) のコックのパッキン

笑ってる、、、



小排気量のシングルキャブなので色々簡単。ずっとハーレー触って来たからマニュアル無

しでいきなりやっても案外楽勝。


さんざんハーレーの粗悪社外パーツばかりを見て来たから、メイドインジャパンのクオリ

ティーの高さを実感。

チョークケーブルなんてタンクの内側でデモンタブル(分割式)だし。凝った造りだ。

組付け時もヤマハの繊細さをひしひし感じます。ちょっと大げさか、、


タンクの中のサビは見なかったことにして、サビが出てこなくなるまで何度も洗浄してそ

のまま使う事に。念のため燃料ホースにフィルターを追加しておきました。


今回キャブレター関連の交換部品は、チョークケーブル、インシュレーター、燃料コッ

ク、ジェット類。

で、かかった費用はパーツ代約¥13500。


終了後、エンジン始動。

セルボタンを押すとすぐ始動し、その後も安定したアイドリングで、ひとまず修理完了。

ついでに近所を一回り。アイドリングの落ちも良く、レスポンスもバッチリ。


これで安心して乗れるようになりました。





2013年11月6日水曜日

EU-16 i メンテナンス


撮影業界ではそのタフネスぶりから超高性能マシン(?)とあがめられている発電機

ホンダ EU-16i


とにかく信頼性が高く、始動性も良く、電力供給も安定していて言う事なし!


例えば、1200Wのドライヤーと400W位のヘアアイロン2つとかを同時に使っても、高回転

まで回りながらも頑張って動いてます。


良くないけど。



うちでもメイク車、モーターホームそれぞれに一台づつ乗っかってます。



メイク車の方はインバーターの電力では足りない時と、万が一インバーターが壊れた時の

エマージェンシー用に。


モーターホームの方はメイクルームのエアコン用に。




そこで、日頃の働きに感謝しつつメンテナンス。

ちゃんと規定量の400mlをはかって投入



ホンダ製の汎用4サイクルガソリンエンジンなので、ごく普通のエンジンオイルを使用。

最近ホムセンとかで汎用エンジン用オイルを見かけないので、やっぱりコストコオイルの

登場。



ちなみにこの発電機、構造上仕方ないのか知らんがオイル注入口とドレンボルトが共通。

つまり、注入口を開け、オイルを排出したらそこから新しいエンジンオイルを注入すると

いう構造。


んー


まあクルマのオイル交換も上から、すなわち注入口から抜くやり方もあるから別に問題な

いか。


エアクリーナーやプラグもチェックし、砂やゴミをエアブローしたら簡単だけどメンテ終

了。





2013年11月3日日曜日

レトロカーと。Car Life


欲望が爆発しそうで購入をためらっていたちょっと前に発売された雑誌と本






結局買ってしまいました。

手っ取り早く確実にGETできるAmazonとかってやっぱ便利。


でっかいアメ車を数台乗り継いでますが、実は国産、欧州車問わず小型車が大好き。



いや、もう大好物と言っていいくらい好き。



趣味性の高い希少なビンテッジカーよりも、ヨーロッパ諸国において庶民が日常的にコテ

ンパに使うような実用車が特に大好き。


ちょっとだけ古い80年代〜90年代の小型車ってなんかホッコリしててなごみます。

でも自分がいま乗っていないっていうことは、今はまだ乗る時では無い、そう思う様にし

て目を逸らしています。



「レトロカーと。」は様々なレトロカー(?)に乗るオーナーを取材した本。

いろんなオーナーと様々な車種との普通の日常や出会いが綴られています。


「ブルータス」の方は、割と著名な方のそれぞれのクルマに対する向き合い方、考え方の

特集になっています。



でもね、我々が愛して止まない米国製二輪車 Harley-Davidson にも実はホッコリするモデ

ルって沢山あるんですよ。

例えば70年代のAMFカラーのモデルだったり、1970年から2年間だけ作られたあるモデル

だったり、小振りなタンクにソラマメに似た形のシートを持つモデルだったり、、、



まぁそんなキモイいやマニアックな話はどっかのキャンプサイトででも、、、

それと、ほっこりって何だよ?って話もね。