ページ

2014年8月20日水曜日

パナスポーツとオフセット


購入時はメイフィア純正ホイールに標準サイズの145/70R12というタイヤが装着されてたロ

ーバーミニ。

ノーマルオフセットのホイールに、5Jの社外オーバーフェンダーが装着済みなので純正の

オーバーフェンダー時よりさらにタイヤがフェンダー内に入っていました。

これは早急に何とかしなくてはということで、購入店に在庫であった中古のパナスポーツ

の特注色を付けてもらい納車。



ノーマルオフセット+35からパナスポーツは+23なので13mm外に出ました。

ノーマル時の計測でフロントが26mmリアが27mmほど内側に入っていたのでホイールを換

えただけでとりあえずフロントが13mmリアが14mm入っている計算になります。



これでもまだまだなのでカーショップ等で売っているホイールオフセットスペーサーを装

着。

フロントに5mmリヤには8mmのものを入れます。スタッドボルトの関係でこれ位が限界で

しょうか。


これでフロント8mm、リアが6mm入ってる計算になります。←ほんとにキモい




この写真だとオーバーフェンダーの形状もあってかなり内側に入っているように見えるけ

ど実測でフロント8mmリア7mm位インです。




2014年8月17日日曜日

ツライチ


ツライチ

漢字で書くと「面一」

とでもかくのでしょうか。

最近は非常にツライチに拘ってます。

寝ても覚めてもツライチにすることで頭が一杯。

何の話だよ?って




数年前に飛行機で九州へ行った時、隣の席にお笑いタレントが座ってました。

回りを見回すとさらに何組もの見た事のあるお笑い芸人達。

たまたま彼らの移動と同じ便でした。

オイラの隣に寝ているのは、コンビで漫才やってる坊主頭の人。

ツッコミ担当で、中性的な雰囲気の相方のボケを連打で拾うっていう漫才スタイル。






それはハライチ、、、







まぁハライチは誰でも知っているけど、ツライチはごく一部のまにあ達にしか馴染みがな

いコトバですね。。。。






ツライチとはフェンダーとタイヤの関係のこと

引っ込み過ぎず、出過ぎず、でもちょっとだけ出てるとカッコイイっていうキモいコダワリ



それには、今までと180度反対のセンスが必要



長年のアメ車生活によって身体に染み付いている



「タイヤはフェンダーの中に収める」という米国的クルマ改造文化と真逆の手法です。




今の所、フェンダーとタイヤの関係はこの位。


 フロント

リヤ



ちょっと出てる様に見えるけど、数ミリ中に入っている。

なのでもちろん合法。




これ以上は(外に出すには)それなりにコストがかかる事になってくるので、今のところこの

位でガマン。

この状態でフロントが8mm、リヤが7mmフェンダーの内側に入っています。←キモい



何とかしたいな〜



2014年8月13日水曜日

ミニ タイヤ交換


してきました




購入時に取り付けてもらったパナスポーツのホイール、装着タイヤは165/55R12というタイ

ヤで、各所に劣化も見られました。


165/55ではハンドルが重いので標準サイズの145/70にします。

出来ればミシュランやピレリーといった銘柄がよかったけれど、ことごとくローバーミニ

の履けるサイズはカタログ落ちしています(涙)


ローバーが潰れ、ローバーミニの生産中止から既に14~5年経ち、タイヤメーカーが供給を

ストップする現実がつらいです。

145/70R12に関しても、様々なメーカーから選べるわけではなくかろうじてっていう印象で

す。

イマドキの軽自動車より小さいサイズなんてもう軽トラックくらいしか無いのでしょう

か。

ただしこれは12インチの話で、ミニの主流である10インチのタイヤはもう少しましな状況

みたいです。


2014年8月12日火曜日

エボ ソフテイル 復活への道 完成編その2


今回のカスタム&修理、オーバーホールの課題をもう一度再確認。



妻が乗れるようにすること



小柄な妻はフォアコンはおろか、フットボードも無理


後は妻の好みで、ナローフォークにスポーツスタータンクにドラッグバー。

フロント21インチ化は今回叶わず19インチ化だけど、念願のナロースポタンは装着。

ワンオフのミッドハイコントロールに、リヤのローダウン





このワンオフミッドコンかなりいいですよ。説明大変なので、写真で。

やる気にさせる?ポジションになりました。

製作は高円寺の「リバティー」というショップ。

なぜワンオフしたかと言うと、94年辺りのエボ用の市販品がもう出てないから。

あと市販品より少しだけ高さを上げたかったから。

ペグやマスターシリンダー、ロッド以外はワンオフです。

唯一妥協したのが、見た目のスッキリ具合とコスト面で逆チェンジになってしまうとこ

ろ。

その分かなりシンプルな取り回しに出来たのでオッケーでしょう。

ちなみにステップは大神戸IK-works製



そして



いい加減に組まれた不調エンジンと危険な配線処理や破けたブレーキホース等の修理&OH

と部品交換



シムが入ってないとか、エンジンの内部パーツが逆さまに付いている、とかとてもショッ

プがやったとは思えない部分の修理。

テキトウに処理され、切りっぱなしだったりするヘタクソな配線は全て引き直しました。

納車時にOHしていたが、そのせいで引き起こした疑いのあるオイル下がりの修理。


まともに修理も出来ないくせにハイカムが入ってたりする。


新品のピストンを入れ、シリンダーをボーリング、バルブ回りも全てダメだったので

「全て」新品です。


結果、腰上はフルオーバーホール、、、




そう言えば、フロントフォークはショベル用でムリヤリ組んであったな〜(涙目)

事故らなくてホントに良かった、、、






このバイクの納車の日から購入したクソヤローには一円も落としていません。





ザマアミロ






2014年8月11日月曜日

エボ ソフテイル 復活への道 完成編その1


後は残すところ塗装だけって状態でようやく完成しました。



エボリューションエンジン搭載のソフテイル

いろいろあったけど何とかここまで辿り着けました。





タンクの塗装はコストダウンのため自家塗装の予定で、ウレタン系の高い塗料も入手済

み。



大荷物の積載や2人乗りを前提としているので、シーシーバーとサイドバックサポートも

取り付けました。

この2点は簡単に外せるようにボルトをフェンダー裏から差して止めてます。

ちなみに、このキジマ製サイドバックサポートは、この年式(1994)のエボ用ですがすでに製

造中止になっていて在庫のあるショップから取り寄せました。

90年代中盤くらいまでのエボ用パーツは結構減って来ています。




とりあえず、車体の完成と合わせて腰上のフルオーバーホールが終わった状態なので、まず

ナラシから。


組んだT氏から1600Kmキッチリやれと言われているので、この真夏の暑いさなかどうやっ

て距離をのばすか、が当面の課題です。






2014年8月9日土曜日

ミニの思い出


子供の時から好きだったミニ

ちなみにミニは全てクーパーだと思っていた。。


「ミニ」というクルマを認識したのは、多分リアルタイムで見ていたTVシリーズのルパン

三世パート1

ルパンと言えば大抵はフィアット500やメルセデスだけど、自分の中ではお宝を積んで疾走

するミニ



そして


初体験は月極駐車場で遊んでた小学生のある日、停まっていた知らない人のミニのトラン

クを勝手に開けてみた時。

ノブをひねると逆さまに開くトランクフードとその狭さが衝撃的でした。


勝手に開けてスミマセン。。。


二度目は20歳頃。


夜な夜な改造した四輪車で奥多摩や大垂水、上野原や道志や箱根といったワインディング

ロードを仲間や時には一人でも走りまわっていたある晩、仲間のクルマが壁に激突、、、

そこへ通りがかった一台のクルマがミニでした。


4点式のベルトを締めて夜中の舗装林道のようなワインデイングに現れたミニのドライバー

は「大丈夫?」的な感じで話しかけて来てくれたのですが、我々は複数だったしクルマも

自走可能だったので手助けをありがたく断り何とか帰って来ました。


一人で夜中のワインデイングを楽しんでいた彼は、安い国産車でドリフトしてるような

小僧な我々とは一線を画す大人な感じの人でした。

やってることは大差ないけどw


そんなこんなでいよいよ自分もミニオーナーです。





2014年8月7日木曜日

新しいクルマ


さて、ダッジバンの売却がきまり(まだ売れてませんが、、)

次は新しいクルマのチョイス。


条件はこんなかんじで


その1  ダッジバンを売った金額で買えること

その2  運転が楽しいクルマであること

その3  燃費がそこそこいいこと

その4  エンスー心が満たされること

その5  エアコンが効くこと

その6  家族で乗って楽しいこと

その7  一人で乗って楽しいこと

その8  速すぎないこと

その9  維持費が安いこと




ほぼ欲しい車種は決まっているけれど、一応他の候補の流通状況や、相場も調べたりして

楽しい時を過ごし




ネットで調べたショップに直接出向いたりして色々探して見つけました。






ローバーミニ










日本仕様の2000年式ラストミニ。

子供のころからの憧れのクルマ。これからガンガン乗り込んで楽しみたいです。












2014年8月6日水曜日

夏休み


暑い日が続いていますね〜。

洗車をしていても、現場で外にいても、ガレージでバイクをいじっていても汗だくです。


忙しかったり、ヒマだったりはあいかわらずですが、娘っこが夏休みで家にいるので一緒

に宿題をやったり、区民プールに行ったり、夏休みの課題をやったりと予定の立てられな

い我が家なりに楽しんでいます。


8月は、祖父母の墓参りに行ったり、ハーレーのミーティングにも久々に行きたいし、出来

たらキャンプにも行きたい。


そして

リニューアルしたヘリテイジと、ニューマシン(クルマ)を近々アップします。