ページ

2015年7月17日金曜日

西新宿


新宿、都庁の周辺。


夜更かししたひとが寝るくらいの時間に家を出て、現場に到着し準備。



ようやくスタンバイ終了し、そろそろ本番というタイミングでやっと日の出。








1代目と2代目はよく知りませんが今は3代目の方々のミュージックビデオの撮影でした。






2015年7月3日金曜日

ベスパET-3 荷台BOX


ちょっとした思いつきからベスパのリアボックスを木で作ることに。


我が家のベスパにはリアキャリアが付いています。

妻が新車で買ってすぐぐらいに付けたやつでスペアタイヤが上向きで装着出来るタイプ。

そのキャリアの上にはいつの頃からかボックスを付けています。

もちろんモダンなバイク用リアボックスではなく、木製の市販の箱。


しかし丁度いいサイズが無かったり、雨に当たっているうちにきゃしゃなカゴなんかはす

ぐ壊れたりして、いつからか自作していました。


妻がね


大体が木でボックス状に作り、防水のためにペイント。しかし屋外保管だと痛みも早く、

何個ものデッドソルジャーを生み出した後、現在はスーパーの買い物カゴ型をタイラップ

で留める、という何とも安易なスタイルに落ち着いていました。



これはこれで軽くて楽で気にいっていたのですが、ヤッパリ見た目があれなんで、思い切

って再び自作することに。


今回はオイラが


ホームセンターで木を見てたら何かインスピレーションがわいたんですね~




という訳で早速制作開始


まずは屋外用にペイント処理されている木をカットしてもらい、残りは作りながら採寸し

て自分でカット


キャリアの幅に合わせて底面の間隔を決め


横枠を作りネジやクギで固定


上段も同じように枠組みを作り、脚を6本使って下段と接合


で、完成

使った道具はノコギリ、電ドリ、ネジ、クギ、カナヅチ、ボンド、仮止め用テープ


キャリアへの取り付けは毎度タイラップ。多少グラついても上からBOXカバーをかけるか

ら大丈夫。





文章で書くとサラサラ〜と出来上がって行ってますが、実際設計図も作らず、行き当たり

ばったりで作ったのでこんなカンジ通りです。


今は屋内保管なのでそんなに風雨にさらされることも無いから、今回のはかなり長持ちす

るんじゃないでしょうか。



木の風合い、雰囲気ともかなりの上出来。

自画自賛ですが〜

大満足です。